クレジットカード対応 電話番号:0120669110
鍵のトラブルお任せ下さい!

太子堂 門扉に鍵の取り付け

ご依頼・ご要望の詳細

店舗の裏口の扉。主に食材を納品される業者さんが使う門扉の鍵が壊れてしまい 困っている。修理ができるかどうか見てほしいとのこと。

施工の詳しい内容

まずは、どの辺の位置に内締まり錠を付けたらいいかを相談しました。
あまり上の方に付けては、容易に開けられてしまうので、レバーハンドルの下につけることにしました。まぁ、どちらにしても腕を伸ばしたらサムターンに触れるので、防犯性も何もないですが。。

位置が決まったら、内締まり錠を固定します。穴を開けてタップを切って、四点をしっかり固定します。本来、シリンダーのテールピースを収めるカムの部分が邪魔になるので、ぶつからないようにセンターにも10ミリ程の穴を開けます。
次に、カンヌキが入るストライク受け座を取り付けます。扉と枠はフラットなので、そのまま固定すれば作業完了です。

裏口を出入りされるのは、主に納品業者さんということで、今まではシリンダー錠内側の非常用の解錠ボタン(コイン等で開けられる)を外側から腕を伸ばして開けていたそうです。そんなことを繰り返していれば、解錠ボタンがナメてしまい、結果カンヌキと連動している軸が折れることになったと考えられました。

となると、レバーハンドルやシリンダー錠を新しくしたところで、腕を伸ばして手探りで解錠する方法に変わりがなければ一緒の結果が待っているだけです。
というわけで、このシリンダー錠はそのままにして、別に内締まり錠を新規取り付けした方が安心と思い、ご提案いたしました。

担当したスタッフより

防犯性を高めるとなると、煩い動作が増えるようになることも多々あります。
今回も、食材を納品する際に使う門扉なので、面倒がなく、かといって誰でも入れるようにはしたくないという微妙なご依頼でした。
防犯性を求めると、しっかりとした鍵を付けて、さらにその鍵を共有するキー ボックスが必要になります。使い勝手も考慮して、いい頃合いの鍵をご提案できて よかったです。

田口 季良 サービススタッフ 田口 季良
玄関ドアやお部屋の鍵取り付けについて
電話番号:0120-669-110番