クレジットカード対応 電話番号:0120669110
鍵のトラブルお任せ下さい!

[投稿日] 2018/10/03

勝手口扉に瞬間接着剤のようなものを詰められた

ご依頼・ご要望の詳細

お客様のご要望は、「勝手口扉の鍵が使えなくなっているので交換してほしい」との事でした。
お客様がご依頼に至った経緯は、「仕事に出勤して勝手口扉から入ろうと開けようとしたら、どうしても鍵穴に鍵がささらない。そこで鍵穴の中を覗いてみたら、瞬間接着剤のような液体が詰まって固まっていた為、正面から入り鍵屋に依頼した」との事でした。

施工の詳しい内容

ご依頼は勝手口扉の鍵を交換してほしいとの事でした。
まず現場に着いてから、勝手口扉を拝見させて頂いたところ、付いていたのはALPHAの玉座でした。
鍵穴を覗かせてもらうと、完全に使えなくなってしまっていたので、同じタイプのものと、防犯性が高いものを紹介して選んでいただきました。
お客様が選んだのはSHOWAのDAC-2で、こちらを取り付けた後は、お客様がスペアキーをプラス3本ほしいとの事でしたので、スペアキーを作製してお渡ししました。
最後は、お客様にお渡しした純正キーと、作製したスペアキーの開け閉めの動作確認をして頂き作業終了しました。

お客様のご感想

助かりました。また、お願いします。

担当したスタッフより

今回の勝手口扉の交換は鍵穴にイタズラをされていたのですが、アパートや一軒家でも、接着剤だったり木の枝や針金などを入れられたりする、被害に遭う事はあるので気を付けてください。

藤井 サービススタッフ 藤井
玄関ドアやお部屋の鍵交換・付け替えについて
電話番号:0120-669-110番
現在使用しているテンプレートファイル:single.php