クレジットカード対応 電話番号:0120669110
鍵のトラブルお任せ下さい!

川崎市多摩区で鍵のことなら鍵猿へ!

施工前

施工後

ご依頼・ご要望の詳細

お父様が認知症の症状で玄関の鍵を開けて出ていってしまうことがあり、ご近所様に迷惑が掛かるし、本人も危険で私たち家族も心配なので簡単に開かないような鍵、もしくは設備を取り付けて欲しいとのこと。

施工の詳しい内容

今回は徘徊防止のご相談です。玄関扉の既存の鍵は引戸錠です。
開き戸ではないので対応する物が限られてしまいますが、お客様とご相談にてメインの鍵を交換することで対応することとなりました。防犯用に発売されている引戸錠で、内側にセーフティサムターンという機能が付いた錠になります。セーフティサムターン機能はキーによって決められた操作を行うと内側からの施錠解錠ができなくなる機能になります。

交換作業では、まず既存の部品を取り外します。引戸なので扉の閉まり具合や傾きなどがないかを確め、取り付け位置を確認します。扉の厚さや位置に合わせて新しい錠を取り付けいき、調整を行います。施錠解錠の確認とセーフティサムターンの動作を確認しまして作業完了となります。

担当したスタッフより

セーフティサムターン機能によりご家庭のみなさんはキーにて操作、施錠、解錠ができるのでこれまでより安心していただけるかと思います。 セーフティサムターン機能は災害などの緊急非難をしなければならない場合は焦ってキーを忘れる可能性がありスムーズな非難ができなくなるかもしれません。キーを一つは錠の近くに保管してご家族で情報共有をしてください。

サービススタッフ 園田

ご依頼・ご要望の詳細

玄関の鍵が数ヵ月前から抜き差ししづらくて最近特にひどくなったので見てほしい。あと内から開け閉めするときに軽い気がするのでそれも見てほしい。

施工の詳しい内容

今回のご依頼ひとつめは鍵が抜き差ししづらいということです。たまにですが動作がまったくできないわけではないので破損の可能性はなさそうです。原因を調べるため分解したところなかなか酷く汚れが溜まっていました。

お客様へ状態を説明しまして洗浄作業にはいります。汚れを取り除き、鍵用の潤滑剤を塗布しました。動作もスムーズになり作業完了です。

そして、ふたつめはお客様の違和感(少し軽い気がするということ)です。確かに軽いですがむしろスムーズな気がします。こちらは扉の中にある錠本体を確認します。この時扉から外した錠本体を傾けるとなんと、かんぬきが勝手に出てきました。これは明らかに変です。すぐにばらして見ますが一見問題はなさそうです。ところがよく見るとバネが折れていました。これはさすがに折れたバネは使えないので、新しいバネに交換して作業完了となります。
軽い動作だったかんぬきも少しキレがでて良い感じに戻りました。

担当したスタッフより

今回の現場で注目したいのはバネ折れの違和感です。普段使ってるお客様だからこそわかる微妙な変化で、修理をする必要が、あることがわかりました。僕らも交換作業でご依頼を受けても交換前交換後で動作確認をします。
ですが重い動きならともかく軽い動きはスムーズだと思い、修理や、交換が必要な状態を見逃すかもしれません。今回のように軽さが絶妙だと言われないと気に止めなかったかもしれません。

サービススタッフ 園田

ご依頼・ご要望の詳細

2週間ほど前から調子が悪くて今日とうとう回らなくなったので見てほしい。今は20回に1回という具合で開け閉めできないと出掛けられない。

施工の詳しい内容

お客様のお話では最近鍵の調子が悪くて今ではほとんど動かないとのことです。僕も試してみましたがやはり回りませんでした。故障によるものなのか、汚れによるものなのか確認するため鍵をばらしてみます。

やはり内部は汚れが入っていました。お客様へご説明しまして洗浄作業を行います。細かくばらしていくごとにポロポロと落ちていく汚れやこびりついたものなどが目に入ります。途中見にこられた奥様の話では潤滑油をスプレーしたとのことで、その油で余計に固まってしまったのかもしれません。

なんとか綺麗になりまして組み直します。動作確認ではスムーズになっており無事に作業完了となりました。

担当したスタッフより

鍵が回りにくい、回らないという不具合ではシリンダー内部の汚れが原因ということが意外と多いです。
初期の場合では潤滑油でも動くことがありますが、基本的に油はNGです。理由としましては汚れと油が混ざってしまい余計に奥まで浸透したり、固まったりしてしまうからです。
きちんと汚れを落としてから、鍵穴専用の潤滑剤でケアすることが大切です。最近はホームセンターなどでも鍵穴専用の潤滑剤を多く見かけます。気になる方は探してみてください。

サービススタッフ 園田

ご依頼・ご要望の詳細

鍵穴に接着剤のようなものが入っていて鍵が刺さらない。鍵を開けてほしいのと、修理もしくは交換をしてほしい。

施工の詳しい内容

今回のご依頼、これは酷いです。鍵穴の中に接着剤を入れるというのはイタズラを越えています。お客様や、大家さんは本当に迷惑だと思います。そして作業する僕も大変です。
写真でもうっすら見えますがこの水滴が接着剤のようなもので完全に固まっていました。もちろん外側だけではなく内部にも浸透しておりこれでは鍵があってもピッキングでも開けることは出来ませんし、修理も出来ません。破壊して開けるしか方法がないため仕方なく破壊開錠にて作業しました。

なんとか鍵のみを壊すことで開錠ができました。残念なことですがこれまでの鍵は使えないためお客様と相談の後、新しい物へ交換を行います。こちらのタイプはノブごと交換となりまして、動作確認も無事にでき完了となりました。

担当したスタッフより

鍵穴への異物混入として多いのはお子さんによる木の枝やクリップなどの針金です。まれに大人の方も針金などの混入を起こします。そして次に多いものがイタズラや嫌がらせのボンドや接着剤です。数年単位ではありますが微細な汚れでも動作不良を起こしてしまう鍵穴に対して接着剤などは強力です。使えなくなることは間違いです。 誰がどのような理由で行うのか分かりませんが僕がお伺いする現場でもたまにあります。なかなか良い対策もないので本当に困ります。

サービススタッフ 園田

ご依頼・ご要望の詳細

玄関のハンドルがぐらぐらするので交換してほしいというのが一番の希望で、ついでに鍵を防犯性の高いものにしてほしい。

施工の詳しい内容

今回のご依頼はレバーハンドルと鍵の交換です。立派な扉にプラスチックのハンドルが付いておりますがお客様のお話のようにぐらぐらとしており弱々しいです。
お見積をしまして本体ケースの劣化も考慮し、全交換を行います。まず既存の部品を外していきます、色落ちやぐらつき、長く使用されたというのが伝わってきます。しかしこの大きいな扉をよくプラスチック製のレバーハンドルで耐えられたなぁと思いましたが、耐えられてなくて今回のようにぐらぐらしてしまったとも考えられます。

元の鍵はピンシリンダーなのでピッキングに弱く防犯性は低いといえるので、お客様の鍵も変えたいというのは良いご判断だと思いました。さて、レバーハンドルはシルバー色で落ち着いたものに変更。鍵はスイスのメーカーのディンプルキーに交換します。全交換なので内側のつまみ部分であるサムターンも変わります。全てが新品となり防犯性も向上し、無事に完了となりました。

担当したスタッフより

今回はSHOWAというメーカーの部品でしたがノブがぐらぐらしていた原因についてお話したいと思います。ハンドル部分にある座(楕円の部品)を固定しているビスの穴が広がっていたことでビスがぐらついていたことが原因でした。

サービススタッフ 園田
電話番号:0120669110